EMAIL

175Rに熱狂!『Tokyo Street Collection』

「GrandStory」がスポンサーとして協賛した『東京ストリートコレクション』が5月3日、
武蔵野の森総合スポーツセンターのメインアリーナで開催され、盛況のうちに幕を閉じた。

2018.6.14

#イベント #お知らせ

SHARE 

8000人が熱い視線を送った「GrandStory Stage」

『東京ストリートコレクション』は、ミュージック、ファッション、スポーツ、アートなど、日本発のあらゆるストリートカルチャーにフォーカスした一大イベント。通算7回目となる今回は、同イベント最多の8000人を集客。夢を持つ人々を応援しているGrandStoryは、このイベントにスポンサーとして協賛した。

東京ストレートコレクション

オープニングアクトから多様なアーティストがパフォーマンスを披露する中、「GrandStory Stage」の1番手として登場したのは、次世代型4人組ソーシャルアイドルのnotall(ノタル)。キュートなルックスで、元気いっぱいにステージを飛び回った。

続いて登場したCOZMIC AGEは、ヴォーカルのRYOMAとサウンドプロデューサーの福士健太郎を中心とした音楽ユニット。この日はストリングス隊やブラスセクションを交えた大所帯で、「GrandStory 自由が丘」が目指す “若いミュージシャンをサポートしていく” という思いのもとに制作された「Give & Given」などを熱演した。

東京ストレートコレクション

RYOMAはMCで、10代の頃に歌手を目指して努力したが一度挫折し、夢を諦めた過去を吐露。しかし、出会いに恵まれたおかげで再び夢に向かって走り出すことができたと振り返り、「みなさんにも人生を助けてくれる人や場所がたくさんあると思います。出会いと縁を大切にしていきましょう」と、オーディエンスに熱いメッセージを送った。

その後、小柄ながらもパワフルなラップでオーディエンスの度肝を抜いた吉田凛音のライブが終わると、颯爽とステージに現れたのが “青春パンク” の王道、175Rだ。彼らは、6年の休止期間を経て2016年12月に活動を再開。2017年4月には、活動再開への思いを込めた曲「これから」などを収録したアルバム「Get Up Youth!」をリリース。以後、多数の音楽フェスへ出演するなど、精力的に活動を行っている。

東京ストレートコレクション 175R

この日は1曲目から「ハッピーライフ」でオーディエンスをヒートアップさせ、「Orange」「手紙」と往年のヒット曲を立て続けに披露。また、曲間ではヴォーカルのSHOGOが「WANIMAと間違えてない?」といったMCを挟み、笑いを誘う。

「最後、俺たちなりに青春を歌った曲です。曲を知らなくてもいい、俺たちのパワーを感じてください!東京ストリートコレクションに集まったみんなにこの思いが届くかな!?」。そんなSHOGOのMCに続いて演奏されたラストナンバーは、大ヒット曲「空に唄えば」。パワフルなステージングで大いに会場を盛り上げ、ライブを締めくくった。

東京ストリートコレクション東京ストリートコレクション

175Rが語る若者アーティストへのメッセージ

ライブ後の会見で175Rインタビューの今後の夢をうかがうと、SHOGOは「2018年で結成20周年なので、いろいろなことを経験して成長した自分たちを曲や歌詞に打ち出していきたいですね」と、コメント。ただし、肩の力は抜けているようで、「マイペースに活動していきたいです」と、落ち着いた表情で語った。

そんな3人の今後の夢だが、SHOGOは「のんびりと楽しく健康で長生きがしたいです」、ドラムのYOSHIAKIは「素直に正直にリラックスして楽しみたいです」と、じつに謙虚。ベースのISAKICKは「結構いい歳になってきたので、何かを残せるのもあと10年かな、と。“ラス10”を頑張りたいですね。おんぶに抱っこで」と、冗談交じりのコメントで場を沸かせた。

東京ストリートコレクション

最後に、SHOGOに若手アーティストへのメッセージをお願いすると、「活動再開後、勢いのある若手バンドの方たちと話すと、『175Rを聴いてバンドを始めました』といったことを言われることが多くて。嬉しいんですけど、僕らは年齢関係なくみんな同期のような気持ちで接していきたいです。ともに音楽シーンを盛り上げていきましょう!」と、笑顔を見せてくれた。

この夏もさまざまな音楽フェスに出演予定の175R。今後の活動にも注目していきたい。

東京ストリートコレクション

 

 

GrandStory 自由が丘

〒152-0034 東京都目黒区緑が丘2-23-17

東急東横線「自由が丘駅」から徒歩6分。お部屋の間取りはすべて7.1畳のワンルームタイプ。入居者専用スタジオは、専用サイトから予約をすれば24時間無料で利用可能なので、好きな時に楽器を演奏することができる。
物件詳細ページはこちら

INDEX 

RELATED POSTS

関連記事

まだまだある!先鋭的なワークスタイル

2018.11.20

新しい働き方は副業&複業だけじゃない! 国内や先進国で取り入れられている先鋭的な...

#シェアリングスタイル

シェアオフィス co-lob デザイナー 木村彩人さん

「自分らしく自由に働くひと」Part.04

2018.10.12

現在、国内のフリーランス人口は1000万人を超えたと言われている。 職種はさまざ...

#インタビュー #自分らしく自由に働くひと

スウェーデンが有するシェアの精神

2018.10.6

世界幸福度ランキングで常に上位に入るスウェーデン。 その理由を探ってみると、誰か...

#エッセイ

オーガニックネイリスト 為延美樹さん

「自分らしく自由に働くひと」Part.03

2018.9.25

現在、国内のフリーランス人口は1000万人を超えたと言われている。 職種はさまざ...

#インタビュー #自分らしく自由に働くひと

SNSにみるシェアの心理

2018.9.15

現代のトレンドを徹底分析! 取材・構成・文=藤谷良介 / 写真=内田トシヤス /...

#インタビュー

フォトグラファー  日高奈々子さん

「自分らしく自由に働くひと」Part.02

2018.8.23

現在、国内のフリーランス人口は1000万人を超えたと言われている。 職種はさまざ...

#インタビュー #自分らしく自由に働くひと

GrandStoryからはじまるストーリー vol.2

2018.8.20

シェアオフィス、シェアサロン、リノベーション賃貸など 自由な働き方や暮らしを応援...

#BEAUTY #GrandStory_BeautySalon #エッセイ

GrandStory 代々木上原 360°カメラ

GrandStory 代々木上原「360° camera」

2018.8.9

Daichi Miura氏がプロデュースしたリノベーション物件「GrandSto...

#DaichMiura #RESIDENCE

PageTopへ