EMAIL

美容業界で自由な働き方を叶える

GrandStroyが展開している美容向けのレンタルスペース「BeautySalon」
今回は、現役美容師5名の方に集まっていただき、
フリーランスの美容師の働き方や、将来のビジョンについて語ってもらった。

2018.8.1

#BEAUTY #GrandStory_BeautySalon #セミナー #座談会

SHARE 

フリーランス 美容師 対談

【左から】長谷目さん (美容歴:17年/フリーランス歴:5年)、大井さん (美容歴:9年/フリーランス歴:3年)、香取さん (美容歴:9年/フリーランス歴:7ヶ月)、佐藤さん (美容歴:4年/フリーランス歴:5ヶ月)、藤原さん (美容歴:12年/フリーランス歴:3年)

フリー美容師を支える〝面貸し店舗〞の存在

美容師という仕事をするためには、場所や設備が欠かせないと思います。最近では、フリーランスの美容師に場所や設備を提供してくれる〝面貸し〞という店舗も増えているそうですね。


藤原 そうですね。売り上げに対して一定のパーセンテージをお店にバックするというシステムだったり、時間貸しだったり、いろんなタイプの面貸し店舗が増えてきてますね。

フリーランス 美容師 対談フリーランス 美容師 対談

香取 私は千葉なんですけど、東京に限らず面貸しの店舗は増えている気がします。

佐藤 僕が利用させてもらっている面貸しのサロンは24時間使えるので、お客さんの都合に合わせて早朝や深夜でもカットができます。

長谷目 面貸しが増えているのって、たぶんサロン側の需要もあるんですよね。サロンも、誰も使わずに空いている席とか設備とかがあると勿体ないじゃないですか。フリーの美容師を受け入れれば、そこが埋まるので、そういう目的で面貸しをしているオーナーもいると聞きますね。美容室ってたくさんありますけど、暇してる店舗もあるので。そこがフリーランス美容師の増加という状況とマッチして、需要と供給のバランスがとれている部分もあるのかも。

フリーランス 美容師 対談

 

なるほど。今はフリーランスの美容師にとって働きやすい環境が整ってきているんですね。ちなみに、みなさんがフリーランスになることを決めたのって、どのようなタイミングだったのでしょうか?


藤原 僕の場合は、今利用しているサロンのオーナーから、新たに店舗を立ち上げるという話をいただいたのがきっかけですね。

佐藤 自分はスタイリストデビューしてから、勢いで独立したようなところがあります。「今の実力なら独立できる」みたいな確信があったわけではないんですけど、かといって技術的な不安はなかったですね。むしろ、フリーで働いた方が学べることも多いなと思っていて。

 

それは場数を踏めるという意味で?


佐藤 それもありますし、ひとつのサロンで働いていると、そこでの技術しか学べないじゃないですか。僕は派遣美容師をやっていたことがあって、渋谷とか銀座とかいろんなサロンで仕事をしてみたんですけど、そうすると自分がいたサロンとはまったく違う技術を見ることができるんです。それはスキルアップに繋がりましたね。

フリーランス 美容師 対談

大井 極端な話、美容学校を出て美容師免許を取得さえすれば、フリーで働くこともできるんですよ。スタイリストデビューというのも、国が定めた基準があるわけではなくて、結局はサロンごとの基準で決められているので。

佐藤 結局は数だと思うんですよね。どれだけお客さんの髪を切ったかが技術力になるので。昔のように「何年も下積み修行をしなければいけない」という考えも少しずつなくなっているような印象はあります。

時代と共に変容する下積み修行の重要性

下積みに対する考え方が変わってきたというお話がありましたが、その重要性についてはどのようにお考えですか?


大井 僕は今思うと下積み時代があってよかったなと思いますね。ただ、時代の流れというのがあるので、今同じことをやれといわれたら嫌になってしまうかもしれないですけど。下積みがあったおかげで、自信を持って外に飛び出せたし、技術はもちろん、接客の面でも学びは多かったと思います。

フリーランス 美容師 対談

長谷目 育てる側の意識も、10年前と今とでは違うなって思いますね。今は縛られるのが嫌だという子が多くて、技術を教えたり、ご飯に連れて行ったり、可愛がってたつもりだったのに突然来なくなるみたいな話もよく聞きますね。そういうことがあるから、ベテランの人もあまり熱心に若手を育てなくなっていたりするのかもしれないです。オーナーの指針が魅力的であれば、ついていく若手も多いと思いますけど。

フリーランス 美容師 対談

藤原 僕らのときも、アシスタントがすぐに辞めていくという同じような状況はありましたね。給料は安いし、雑用が多かったりするので。今になると雑用にもちゃんと意味があったなと思うんですけど、やっぱり入ったばかりの新人が、何十年もやっているベテランの考えや想いをすぐに理解するのは難しいじゃないですか。だから、上の人と若手の橋渡しをする人が必要ですよね。若手が上の人に怒られたとしても、それをフォローするポジションの人が。

佐藤 今はアシスタントでも、SNSですごく影響力を持っている人とかがいるんですよ。例えば、自分でヘアセットをする動画を配信しているYouTuber美容師とか。そういう人はすでに集客力があるので、自分でお客さんの数をこなして上達していくっていうパターンもありますね。それは、10年前にはなかったことなのかなって。自由な働き方の先に見る美容師としての展望

 

美容業界全体として、フリーランスという業態は徐々に浸透してきているとのことですが、まだまだチャレンジングな新しい働き方だと思います。最後に、みなさんの今後のビジョンについて聞かせてください。


藤原 フリーランスになった人はみんな考えると思うんですけど、今後は「自分が働けなくなったときの収入源はどうしようか?」ということにも向き合っていかなくちゃなと思っています。例えば、大ケガをしてお客様の髪を切れなくなったりだとか、パートナーが先に亡くなって自分ひとりで生きていかなきゃならなくなったりとか。そういう事態に備えて、自分が動いていないところでも一定の収入が得られる仕組みとして、商品開発をやっていきたいなと思っています。それと、地元が秋田なので、1ヶ月のうち3週間は東京、1週間は秋田みたいな暮らしもいいなって。それって、フリーランスじゃないと実現できない働き方なので。

フリーランス 美容師 対談

佐藤 僕もフリーランスという特性を活かして、勤務地にとらわれない働き方をしたいなと思っています。各地に面貸しのサロンがあれば、移動しながら仕事をすることもできるので。キャンピングカーを改装して、移動式の美容室なんかできたら面白いなと。あとは、限られた美容師寿命の中で、いかに利益を上げていくかということも考えています。というのも、50歳以上の美容師ってすごく少ないんですよ。サロン勤めの場合は経営側に回るってかたちが多いんですけど、フリーランスの場合はそうもいかないので、短い時間の中で利益をあげていくことも意識しています。

香取 私は、サロンにいた頃は子どもが生まれたら続けられない仕事だと思っていたんですけど、フリーランスになってからは続けられる可能性を感じられるようになりました。なので、子どもが生まれても続けていきたいなと思っています。自宅でプライベートサロンみたいなこともできる仕事なので、そういう形で家庭も仕事も大事にしながら働けるのが理想ですね。

フリーランス 美容師 対談

大井 僕は仕事だけにすべてを注ぐのではなく、やっぱり自分が理想とするライフスタイルを基本とした働き方をしたいなと思っています。収入のために人生の時間の多くを捧げるのではなく、自分がやりたいことも諦めないという前提の上で仕事をしたいなと。ただ、長い目で見ると労働収入には限界があるので、それ以外の収入源を確立しないと、とも思っています。生涯プレイヤーとしてやりたいというよりも、経営側にも興味があるので、いつかは自分の店を持ちたいですね。

フリーランス 美容師 対談

長谷目  私は経営とかには向いてないと思うので、美容師の仕事ができなくなるまではプレイヤーとしてやっていきたいですね。ただ、家族との時間は本当に大切だし大事にしたいので、働く時間を変えたいなと。例えば、ファッション業界の仕事って、早朝からモデルさんの仕込みをして、まだ人通りが少ない街中で撮影をして、昼頃には終わることが多いんです。だから、そういう働き方で仕事の時間を前倒しにして、家族と過ごす時間もちゃんと確保できるような暮らしが理想だなと思っています。

自由度の高さや効率性のよさなどメリットが多く語られるフリーランスという働き方。それも間違いない事実だが、今回登場してくださった5人の方々は、代役の効かなさや収入面の不安といったデメリットについても明かしてくれた。自由な働き方というのは、自分ですべての責任を取るという覚悟の上に成り立っているものなのだろう。

GrandStoryはフリーランスを応援しています!

GrandStoryは、時間貸しサロン「GrandStory BeautySalon」の展開の他、自由な働き方を叶えるためのサロン見学会や説明会を随時開催しています!


【GrandStory BeautySalon 説明会 / サロン見学会】
◆平日(土日祝日以外) の 10:00〜18:00

【説明会】
集合場所:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-2-1 フェイスビル1F
内容:説明会 (1h)、サロン見学会 (30min)、個人相談 (希望者のみ)
※集合後、説明会開催会場 (同ビル3F) へご案内いたします。

【サロン見学】
集合場所:〒152-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-1-8 GrandStory千駄ヶ谷2 1F
アクセス:東京メトロ副都心線「北参道駅」3番出口から徒歩1分


参加ご希望の方は、専用フォーム よりお申し込みください!

サロン向けレンタルスペース
GrandStory BeautySalon

https://grandstory-bs.jp/lp/
代官山と千駄ヶ谷に時間貸しレンタルサロンを構える。
利用料は、1時間1,800円〜(材料費込み)。サロンは24利用が可能で、プライベトサロンのような落ち着いた空間が利用者の美容師さんから人気だ。

INDEX 

RELATED POSTS

関連記事

シェアオフィス co-lob デザイナー 木村彩人さん

「自分らしく自由に働くひと」Part.04

2018.10.12

現在、国内のフリーランス人口は1000万人を超えたと言われている。 職種はさまざ...

#インタビュー #自分らしく自由に働くひと

スウェーデンが有するシェアの精神

2018.10.6

世界幸福度ランキングで常に上位に入るスウェーデン。 その理由を探ってみると、誰か...

#エッセイ

オーガニックネイリスト 為延美樹さん

「自分らしく自由に働くひと」Part.03

2018.9.25

現在、国内のフリーランス人口は1000万人を超えたと言われている。 職種はさまざ...

#インタビュー #自分らしく自由に働くひと

SNSにみるシェアの心理

2018.9.15

現代のトレンドを徹底分析! 取材・構成・文=藤谷良介 / 写真=内田トシヤス /...

#インタビュー

フォトグラファー  日高奈々子さん

「自分らしく自由に働くひと」Part.02

2018.8.23

現在、国内のフリーランス人口は1000万人を超えたと言われている。 職種はさまざ...

#インタビュー #自分らしく自由に働くひと

GrandStoryからはじまるストーリー vol.2

2018.8.20

シェアオフィス、シェアサロン、リノベーション賃貸など 自由な働き方や暮らしを応援...

#BEAUTY #GrandStory_BeautySalon #エッセイ

GrandStory 代々木上原 360°カメラ

GrandStory 代々木上原「360° camera」

2018.8.9

Daichi Miura氏がプロデュースしたリノベーション物件「GrandSto...

#DaichMiura #RESIDENCE

陶芸家 田川亞希さん

「自分らしく自由に働くひと」Part.01

2018.8.6

現在、国内のフリーランス人口は1000万人を超えたと言われている。 職種はさまざ...

#インタビュー #自分らしく自由に働くひと

PageTopへ