EMAIL

「自分らしく自由に働くひと」Part.03

現在、国内のフリーランス人口は1000万人を超えたと言われている。
職種はさまざまで、デザイナー、フォトグラファー、ライター、美容師、陶芸家...などなど。
彼らが「どんな場所」で「どんな働き方」をしているのかを追ってみました。

2018.9.25

#インタビュー #自分らしく自由に働くひと

SHARE 

\ 今回PICK UPしたひと /
オーガニックネイリスト 為延美樹さん

保育士として都内の保育園に勤務。結婚・出産を経て、フリーランスネイリストを目指しオーガニックネイル専門のスクールに通う。20189月に「organic nailsalon em(オーガニックネイルサロン エム)」を立ち上げ、フリーランスのネイリストとして独立。2児の母。

 

自分自身への問いかけ
「今本当にやりたいことは?」

今年、シェアサロンである「GrandStory Salon代官山」の一室を借りて、オーガニックネイリストとしてのキャリアをスタートさせた、為延美樹さん。 もともとは、保育士として14年キャリアを積んできた為延さん。どのような経緯でフリーランスのネイリストに転身をしたのか。

「昔からの夢だった保育士になることができた喜びはありましたが、毎日働く中で、このまま定年まで働いていくのか…というこれからの自分の将来についての疑問が沸き上がっていったんです。ネイルに対してはとても興味があったのですが、すぐに転職を考えたり、学校に通うなどのアクションを起こしたりするまでには至りませんでした。今ある保育士としての安定した生活・収入を捨ててまでできるのかという不安があったし、周りの人を説得するだけの熱意はまだこの時はなかったのだと思います。」

 

オーガニックネイリスト 為延美樹さん為信さんと可愛らしい2人の娘さん、そして素敵な旦那さま

その後、結婚・出産という転機を迎え、子供が小学校に入って、手が離れてきたタイミングで、改めて今の自分や今後の自分の人生について考える余裕ができたという。

「 “今やるべきことはなんだろう。今後、自分はどうしていきたいんだろう” と、日々、自分の気持ちに向き合う時間が増えていきました。前に葛藤していた時には感じられなかった、前向きな感情がいくつも沸き上がってきて、アクションを起こそうと思ったんです。フリーランスとして独立をすることは、自分にとっては一大事でしたが、独立開業という高いハードルではなく、まずはシェアサロンで使った時間だけ利用料を払い、気軽にスタートできたのがよかったです。」

そう言って、フリーランスとしてスタートをきれた喜びを、笑顔をほころばせながら語ってくれた。

オーガニックネイルを選んだ理由

 

オーガニックネイルという、新しいジャンル。こだわるきっかけになったのは、子供が生まれて家族への安心・安全の意識が高まったからだという。

「子供ができてから、体に良いものを生活に取り入れていきたいという気持ちが高まり、食生活や身に着けるものについても気を付けるようになりました。そんな中で、今主流のジェルネイルは体に良くない材料も含まれているものがあると聞き、なるべくそのようなものは使いたくないと思っていた時に、オーガニックネイルというものがあると知りました。」

自分の気持ちの変化と、大切にしていきたいものへのこだわりを見つけた為延さんは、オーガニックネイルスクールに通い、ネイリストとしての第一歩を踏み出すことになったという。

オーガニックネイリスト 為延美樹さん

自分にあった働く環境を選ぶ

為延さんがネイリストのスタートの場所として選んだ「GrandStory Salon代官山」。この場所を選んだ決め手は何だったのか?

「自宅サロンも考えましたが、プライベートと分けられなくなることは避けたかったのと、立地的にも自宅がある場所より、代官山や恵比寿といった感度の高い方が集まるような場所の方が、オーガニックネイルをしたいターゲットの方の志向とマッチするのではないかと考えました。」

オーガニックネイリスト 為延美樹さん

立地に加えて、サービス面も充実していたという。

「『GrandStory Salon 代官山』は、1部屋に何人も施術しているようなサロンではなく、1部屋をまるごと使えるプライベート感がとてもよかったです。また、このサロンではフリーランスを応援するサポートも充実していて、作品撮影やモデル手配、名刺作成まで無料でやってくれるところがとても心強かったですね。何から始めたら良いのか迷いがありましたが、このサポートのおかげで、スムーズなスタートが切れました。」

 

フリーランスネイリストとして、今後目指すもの

まずは、ネイリストとして、オーガニックネイルの良さをより多くの人に知ってもらいという為延さん。オーガニックネイルのこだわりを語ってくれた。

「オーガニックネイルで使う原材料は、色がすべて化粧品で使われる安全性の保障がされているものですし、ネイルを落とす際によく使われるアセトンという化合物も使いません。やっぱり、自分がイイと思うものを、お客様に提供していきたいですよね!」

 

オーガニックネイリスト 為延美樹さんネイルの仕上がりにスタッフ全員感動!女性の手がより美しく見える立体感のある爪に変身

自分が心地よいと思える働き方や環境、そして本当に良いと思うものをお客様に提供できるという幸せを、為延さんは自分の手で掴んだようだ。

 

GrandStory Salon

https://grandstory-bs.jp/

“サロンに所属していなくても、技術があればどこでも働くことができる” を実現できるシェアサロン。代官山と千駄ヶ谷の2つのサロンより、場所・時間を自在に選んで、フレキシブルに働けるサロン環境を提供。

INDEX 

RELATED POSTS

関連記事

シェアオフィス co-lob デザイナー 木村彩人さん

「自分らしく自由に働くひと」Part.04

2018.10.12

現在、国内のフリーランス人口は1000万人を超えたと言われている。 職種はさまざ...

#インタビュー #自分らしく自由に働くひと

スウェーデンが有するシェアの精神

2018.10.6

世界幸福度ランキングで常に上位に入るスウェーデン。 その理由を探ってみると、誰か...

#エッセイ

オーガニックネイリスト 為延美樹さん

「自分らしく自由に働くひと」Part.03

2018.9.25

現在、国内のフリーランス人口は1000万人を超えたと言われている。 職種はさまざ...

#インタビュー #自分らしく自由に働くひと

SNSにみるシェアの心理

2018.9.15

現代のトレンドを徹底分析! 取材・構成・文=藤谷良介 / 写真=内田トシヤス /...

#インタビュー

フォトグラファー  日高奈々子さん

「自分らしく自由に働くひと」Part.02

2018.8.23

現在、国内のフリーランス人口は1000万人を超えたと言われている。 職種はさまざ...

#インタビュー #自分らしく自由に働くひと

GrandStoryからはじまるストーリー vol.2

2018.8.20

シェアオフィス、シェアサロン、リノベーション賃貸など 自由な働き方や暮らしを応援...

#BEAUTY #GrandStory_BeautySalon #エッセイ

GrandStory 代々木上原 360°カメラ

GrandStory 代々木上原「360° camera」

2018.8.9

Daichi Miura氏がプロデュースしたリノベーション物件「GrandSto...

#DaichMiura #RESIDENCE

陶芸家 田川亞希さん

「自分らしく自由に働くひと」Part.01

2018.8.6

現在、国内のフリーランス人口は1000万人を超えたと言われている。 職種はさまざ...

#インタビュー #自分らしく自由に働くひと

PageTopへ