EMAIL

シェアリング事業の未来

2017年に始動した「GrandStory (グランストーリー)」
フェイスネットワーク代表 蜂谷二郎が構想する新たな物語とは。

2018.3.16

#インタビュー #シェアリングスタイル

SHARE 

FaithNetwork
代表取締役 蜂谷二郎

1988年より金融機関に勤務し、融資担当として12年で500社以上を担当。2001年、有限会社フェイスネットワーク(現在の株式会社フェイスネットワーク)を設立。城南エリアを中心に不動産ビジネスを手がける。2018年3月、東証マザーズ上場。

誰もが自分らしく生きられる環境を創出

フェイスネットワークがプロデ ュースする新たなプロジェクト
「GrandStory(グランストーリー)」。このプロジェクトを端的に表現するのなら、「創作支援型シェアリング事業」という言葉がしっくりくる。共通する志を持つ仲間が集うため空間を提供し、新たな価値観やライフスタイルの創出につなげていく。同社の代表取締役を務める蜂谷二郎氏は、「GrandStory」の着想を得たきっかけを次のように話す。

「私は年間で300人を超えるお客様と出会います。様々なジャンル・業界の方とお話しをしますが、みなさんお忙しく、毎日がむしゃらに働いていらっしゃる。 だからなのか、そもそも自分が一個人としてどういう生き方をしたいと思っていたのかを忘れている方がたくさんいるのです。そこで私は、不動産会社としてただ空間を提供するだけではなく、入居する方たちが自分らしく生きられる環境、夢を叶えられる場を提供したいと考えるようになりました。 この思いが、『GrandStory』の構想につながっています」

感度の高い人々が集う城南エリアに注目

「GrandStory」は建物ごとに、オフィス、サウンド、ビューティといったカタチでセグメントがなされており、それぞれの目的を持った人々が集まっている。渋谷、目黒、 世田谷などを含む城南エリアをメインに、東京でもとくにハイセンスな人々が集う地域に展開している。 蜂谷氏は「長年にわたって城南エリアを中心にビジネスを展開してきましたが、このエリアに住まう人や働く人は、情報発信力がとても高いんです。まずはこのエリアで環境を整え、自分らしく生きたいと願う人をバックアップしていくつもりです」と、城南エリアへのこだわりを語る。

今後も、「GrandStory」は新しいコンセプトの空間を次々と展開していく予定だ。感度の高い人々が暮らす城南エリアで、自分らしく生きたいと願う人々のストーリーがたくさん生み出されていくことを期待したい。

 

 

INDEX 

RELATED POSTS

関連記事

まだまだある!先鋭的なワークスタイル

2018.11.20

新しい働き方は副業&複業だけじゃない! 国内や先進国で取り入れられている先鋭的な...

#シェアリングスタイル

シェアオフィス co-lob デザイナー 木村彩人さん

「自分らしく自由に働くひと」Part.04

2018.10.12

現在、国内のフリーランス人口は1000万人を超えたと言われている。 職種はさまざ...

#インタビュー #自分らしく自由に働くひと

スウェーデンが有するシェアの精神

2018.10.6

世界幸福度ランキングで常に上位に入るスウェーデン。 その理由を探ってみると、誰か...

#エッセイ

オーガニックネイリスト 為延美樹さん

「自分らしく自由に働くひと」Part.03

2018.9.25

現在、国内のフリーランス人口は1000万人を超えたと言われている。 職種はさまざ...

#インタビュー #自分らしく自由に働くひと

SNSにみるシェアの心理

2018.9.15

現代のトレンドを徹底分析! 取材・構成・文=藤谷良介 / 写真=内田トシヤス /...

#インタビュー

フォトグラファー  日高奈々子さん

「自分らしく自由に働くひと」Part.02

2018.8.23

現在、国内のフリーランス人口は1000万人を超えたと言われている。 職種はさまざ...

#インタビュー #自分らしく自由に働くひと

GrandStoryからはじまるストーリー vol.2

2018.8.20

シェアオフィス、シェアサロン、リノベーション賃貸など 自由な働き方や暮らしを応援...

#BEAUTY #GrandStory_BeautySalon #エッセイ

GrandStory 代々木上原 360°カメラ

GrandStory 代々木上原「360° camera」

2018.8.9

Daichi Miura氏がプロデュースしたリノベーション物件「GrandSto...

#DaichMiura #RESIDENCE

PageTopへ