EMAIL

GrandStory 入居者インタビュー Part.1

多種多様な共用の場で、暮らしや創作活動の“場”を提供するGrandStory。
物件同様に、GrandStoryに入居している人々も多種多様。
自由な暮らし方、働き方を手に入れた入居者にインタビューを行なった。

2018.5.21

#OFFICE #入居者インタビュー

SHARE 

NATIONS 代表取締役社長
平 将貴さん

大手IT企業「メタップス」、同系列社の代表取締役を経て、昨年10月に独立。バスケットボールに特化したスマートフォンアプリ「NATIONS (ネイションズ)」をリリース。
NATIONS:http://web.nations.fun/

「GrandStory 千駄ヶ谷2」は、東京メトロ副都心線の北参道駅から徒歩1分ほどの閑静な住宅街に位置し、シェアオフィス、美容向けレンタルスペース、ティースタンドを併設。そんなオフィスの進化系ともいえる「GrandStory 千駄ヶ谷2」の入居者、平将貴さんにインタビューを行なった。

オープンな雰囲気のワークスペースを求めて

大手IT企業、さらに同系列社にて代表取締役などを歴任し、昨年10月に新たなスタートアッププロジェクト「NATIONS」設立とともに独立。およそ2カ月ほど前から『GrandStory 千駄ヶ谷2』にオフィスを構えている平さん。独立までの軌跡とその理由をこう振り返る。

NATIONS 代表取締役社長 平将貴さん

「第一次ITバブルと言われた2000年代初頭に新卒でこの業界に入り、その後幾度かの転籍を経て、20代後半に「GREE」へ入社して以来、(スマートフォン用) アプリを使ったビジネスに傾倒していきました。当時の日本ではまだアプリでお金を稼ぐというビジネスモデル自体が確立されていない状況でしたが、その後に会社自体がいわゆるデベロッパー(ゲームメーカー)へと方向転換したため、僕自身はゲームを作るより〝場〞を作る方が好きだったこともあって、「メタップス」へと転籍しています。もちろん同社でもそれなりの結果を残し、系列社の代表も務めてはいましたが、業界自体がマネーゲーム化している部分もあり、投資家たちの都合でひとつのプロジェクトに掛ける時間のサイクルが年々加速していく。そうなると当然、中の人間は疲弊せざるを得ないワケで……。

そんな折、まだ多分に可能性を秘めたスポーツ業界に活路を見出し、自分も学生時代に経験したバスケットボールシーンに着目したんです」

バスケットボールアプリ NATIONS ネイションズ

かくの背景から国内外のバスケットボールシーンに特化したプラットフォームアプリ「NATIONS」設立に至ったというが、「リモートワーク中心なので、現段階ではあえて正社員登用はなく、それぞれ業務委託というかたちで自由に動いてもらっている」と語るように、拠点となるワーキングスペースにもオープンな雰囲気を何より求めていたと続ける。

「活況に映るかもしれませんが、業界自体はそれほど大きなワケでもなく、さらに六本木ヒルズや道玄坂など一部のエリアに集中しているため、常に誰かと顔を合わすような小さなコミュニティでしたし、ひとつのビルの中で昼夜を問わず業務をこなしているので時間の経過にさえ無頓着になっていました。それは場合によっては良い方向へも悪い方向へも作用するワケで……。僕はもともと代々木に住んでいたので、この辺(北参道周辺)の空気感が好きでしたし、何より第一線となる六本木ヒルズからはある程度距離を置いた場所、加えて人間により良い環境でスタートしたかったんです」

普段関わらないような人々と出会える可能性

平さんは仕事に適した開かれた環境はもちろん、独立により会社が閉鎖的にならないよう、会社同士の繋がりも期待できるワーキングスペースに入居したいと考え始めたという。「知人の紹介や何の事前情報もなく、普段通りネットで物件を探したところ、この「GrandStory 千駄ヶ谷2」がヒットし、1度内見に来ただけで即決しました。

GrandStory千駄ヶ谷2 レンタルオフィス

個人的に馴染みのあるエリアだったというのもひとつの要因ではありますが、何より決め手になったのは環境面でしたね。僕らの事業形態上、バスケットボールに精通するインフルエンサーなどを招いて動画撮影などをする必要があり、屋上やミーティングルームといった共用スペースの存在はかなり魅力的でした。マンションやオフィスビルの一室だと不可能なことができる環境を大差ない固定費でまかなえるので。そしてふたつめを挙げるなら、やっぱり普段僕らが全く関わらないような職種や人々と出会える可能性ですよね。今はお隣さんがおそらくアパレル関係だろう、ぐらいしか見えてきていませんが、まだ入居してからわずかな時間しかこちらに居ないので、その部分はこれから徐々に広げていきたいと考えています」

多様性が求められるこれからの時代に向けたワークスペース+オープンスペースという新たなサジェストは、変わりゆく人々の働き方にフレキシブルに対応し、多くの出会いとハイブリッドな感性を生み出していくに違いない。

 

GrandStory 千駄ヶ谷2

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-1-8

シェアオフィスを中心に、美容向けレンタルスペース、ティースタンドを併設。様々な要素が集まる複合的な施設には、色々な人が自然に集まり、新たな出会いを生む。
物件詳細ページはこちら

INDEX 

RELATED POSTS

関連記事

シェアオフィス co-lob デザイナー 木村彩人さん

「自分らしく自由に働くひと」Part.04

2018.10.12

現在、国内のフリーランス人口は1000万人を超えたと言われている。 職種はさまざ...

#インタビュー #自分らしく自由に働くひと

スウェーデンが有するシェアの精神

2018.10.6

世界幸福度ランキングで常に上位に入るスウェーデン。 その理由を探ってみると、誰か...

#エッセイ

オーガニックネイリスト 為延美樹さん

「自分らしく自由に働くひと」Part.03

2018.9.25

現在、国内のフリーランス人口は1000万人を超えたと言われている。 職種はさまざ...

#インタビュー #自分らしく自由に働くひと

SNSにみるシェアの心理

2018.9.15

現代のトレンドを徹底分析! 取材・構成・文=藤谷良介 / 写真=内田トシヤス /...

#インタビュー

フォトグラファー  日高奈々子さん

「自分らしく自由に働くひと」Part.02

2018.8.23

現在、国内のフリーランス人口は1000万人を超えたと言われている。 職種はさまざ...

#インタビュー #自分らしく自由に働くひと

GrandStoryからはじまるストーリー vol.2

2018.8.20

シェアオフィス、シェアサロン、リノベーション賃貸など 自由な働き方や暮らしを応援...

#BEAUTY #GrandStory_BeautySalon #エッセイ

GrandStory 代々木上原 360°カメラ

GrandStory 代々木上原「360° camera」

2018.8.9

Daichi Miura氏がプロデュースしたリノベーション物件「GrandSto...

#DaichMiura #RESIDENCE

陶芸家 田川亞希さん

「自分らしく自由に働くひと」Part.01

2018.8.6

現在、国内のフリーランス人口は1000万人を超えたと言われている。 職種はさまざ...

#インタビュー #自分らしく自由に働くひと

PageTopへ