EMAIL

THE Creator 数珠つなぎ!Part.01

雑誌「シェアリングスタイル Vol.2」で、大きく取り上げたシェアスペース特集。 ここから見えてきたのは、人との出会い・繋がりの大切さ。
そこでおもしろい取材対象者に、おもしろい人を紹介してもらったらどんな風に繋がっていくのか、検証しました。
本当の体当たり企画!魅力的な人の周りには、きっと面白い人が多いはず!

2018.4.2

#インタビュー #シェアリングスタイル

SHARE 

株式会社ホオバル 取締役
新城 健一さん

情報サイト「AllAbout」起ち上げからナスダック上場まで、プロデューサーとして参画。2008年、日本でのiPhone3G発売を機に、ソフトバンク子会社として「APPLIYA」株式会社を設立、最高執行責任者に就任。2011年に株式会社ホオバル取締役に就任。

これは、おもしろい取材対象者に、おもしろい人を紹介してもらったらどんな風に繋がっていくのか、検証する体当たり企画!「THE Creator 数珠つなぎ!」

雑誌「シェアリングスタイルVol.2」P34~37に登場した
インダストリアルデザイナー島村卓実さん、 デザイナー/エンジニア木村彩さんが紹介したい面白い人は・・・

新城健一さん

(島村さん/左)新城さんは、動きながら、何かをカタチにしていく人。どんな仕事ぶりなのか最近何に注目しているのか気になります。

(木村さん/右)初めてお会いしたのはシェアオフィス入居時。いつも笑顔が素敵ですね!

 

今日できないことが、できる明日を目指して


食、健康、育児、教育などの領域で、テクノロジーによる本質的価値流通の新しい形を考えるサービスデザイン企業「ホオバル」の取締役にして、サービスプロデューサーの肩書きを持つ新城さん。そのあまりに順風満帆に見える経歴とは裏腹に、「一時は僕に明るい未来なんてもうないのでは、そう思うほど疲弊している時期もありましたよ」と、数年前を振り返る。

「中学時分に小学館へ原稿を持ち込んで以来、もともとは漫画家志望だったのですが、プロになるには画力が足りないが、プロット自体はユニークなので文章を書いてみては、と編集者に薦められたこともあり、いわゆるライターとしてキャリアをスタートしました。
ゲーム攻略本や設定資料集やノベライズなどを40冊以上書きながら、能楽普及のNPO活動、メタフィクション小説の執筆、新製品開発コンサルティングチームへの参加、そしてインターネットメディア事業の立ち上げなど、幅広くやっていました。しかし、家庭生活がうまくいかず、次第に生活そのものが荒れていきました。
一度始めてしまった結婚生活をやめるという度胸もなく、こんなものなのかもしれない、と家庭生活に対して諦めを抱くようになりました。
そんな風に、どこかで大きく諦めを抱えたまま過ごしているうちに、いつしか仕事も含めて、あらゆることを諦め、未来にワクワクすることがなくなりました」

そんな閉塞感に満ちた日々から脱するきっかけとなったのが、
「当初はお互い全く良い印象は持っていなかった(笑)」
と語る野上優佳子さんとの出会い。彼女は現在、ホオバルの代表取締役にして、配偶者として、新城さんと公私共にパートナーシップを結んでいる。

「今となっては、『人生って本当にやり直せるんだな』と、身にしみて感じています。
彼女との出会いは、交友関係はじめ、仕事との向き合い方、社会に対する責任感など、それまでの自分と決別するきっかけとなりました。
以前は仕事に対して自己実現的な考え方しか持ち合わせていませんでしたが、仕事の本質ってそういう個人的なものではないと、と今にして思うのです。
つまり、僕ひとりの想いや自己実現のためという考えから、仕事によって繋がる未来、子供たちに『これは、父の仕事だよ』と、胸を張って言えることをしよう、と考えるようになりました。」

コンテンツ製作から、そのプロデュース、さらに今や事業そのものをクリエイトする立場となった新城さん。
だが、その業務実態を言葉で表現するのは極めて難しい。肩書きに記されたサービスプロデューサーとは、一体どのような立ち位置なのだろうか。

「僕の仕事は、人々の生活を明るく、より進歩的なものへと変えていくサービスの創造と言えるでしょう。
それには時代に合わせたテクノロジー、そして協力や共創による能力の組み合わせが不可欠です。新しいサービスを提示し、それを誰かと協力した上で現代の道具(テクノロジー)を用いて具現化し、未来のライフスタイルをより良いものへと変えていく。
人間が考えうることは必ず実現できると僕たちは考えていますし、そんな思いが『今日できないことができる明日』というコンセプトにも繋がっています」

とはいえ、新城さんのユニークなところは、直接収益に直結する実務以外の活動でも知られることにある。
後述の「カンブリアナイト」をはじめ、いくつものプロジェクトを同時に動かしながら、あらゆることをかたちにしていく。
その原動力とは一体?

「多くの人と語り合い、『こんな世界があったらイイね』を、さらにいろいろな人たちと共有することでしょうか。
僕はかつて漫画家志望でしたから未来のことを想像し、あるいはライターも経験しているのでフィクションを描くこともしてきました。でも、想像を現実にするには、僕の力だけではどうにもなりません。
多くの人と繋がり、共に進んでいく必要があると。1人の人間が1万歩進むことによるイノベーションも大切ですが、1万人が同時に1歩ずつ進むこと大切だと思うんです。そんな人との繋がりを大切にしながら、ワクワクするような未来をこれからも想像し、具現化していきたいと考えています」

 

目指すゴールは、サービスの多様性爆発


新城さんが主宰を務める「カンブリアナイト」は、カンブリア紀と呼ばれる、およそ5億4200万年~5億3000万年前の間に、突如として今日見られる動物の祖が爆発的に出揃った現象にあやかり、サービスの爆発的多様化をコンセプトにスタートした。

各界から有識者を招き、センサーによる「みえる」、専門家・人工知能による「わかる」、介入サービスによる「できる」の連携による、様々な課題が解決する「かわる」を一元化するまでの出会いやケミストリーの場として、公式には2016年から継続的に開催され、2018年3月時点で第11回を数えるまでに至っている。

「僕は同イベントの意義を説明するにあたり、次のような例えを使うことがあります。基礎体温計というセンサーを用いて「みえる」基礎体温という数値があります。続いて、基礎体温とホルモンバランス、排卵の時期との関係性が「わかる」。そして、妊活や避妊が「できる」ことで、自分の人生をハンドリングできるように「かわる」。これは基礎体温の一般的な使い方とサービスです。しかし、同じ基礎体温でも、ホルモンバランスと学習パフォーマンスとの関係性が「わかる」ことで、学習タイミングへの介入が「できる」ようになり、初潮後の中高生への学習効率が「かわる」ことになります。これにより、基礎体温計の学習市場が拓けます。
また、同じ基礎体温が、ホルモンバランスと靭帯のゆるみの関係性が「わかる」ことで、怪我の予防を踏まえたトレーニングプログラムが「できる」ようになり、女性アスリートのトレーニング生活が「かわる」ことになります。そして、基礎体温計のスポーツ市場が拓けます。このように、「みえる」領域のプレイヤーは、異なる「わかる」と出会うことで、全く別の「できる」人たちにつながり、新しい市場へ参入することが可能になるのです。


こうした拡張性が、多様性を生む上で重要だと考えています。なので、いろんな人と会おう!と、カンブリアナイトというイベントを開催しています。全く異なる分野の人々が、言い方はやや乱暴ですが勝手に出会い、結果的に新しいサービスが爆発的に生み出されるといいなと考えています。我々が意図しないところでコラボレーションとイノベーションが生まれ、それまではフィクションだった言わば絵空事が、ノンフィクションとして実現可能になる。AIなど新たなテクノロジーの登場で今日は多様性大爆発を目前に控えた夜明け前と言えるでしょう。様々な課題解決方の多様性大爆発が起これば、未来は自ずと明るくなると僕らは信じています」

ーーーー

雑誌「シェアリングスタイル Vol.2」からスタートした『THE Creator 数珠つなぎ!』
次回は、カメラマンとカフェオーナーの2つの顔を持つ貝塚純一さん

Information

“カンブリアナイト”は2カ月に1回のペースで開催中!
次回(カンブリアナイト12)の情報、過去のアーカイブをご覧になりたい方は、以下をご確認ください!
カンブリアナイト https://www.facebook.com/groups/cambriannight/

INDEX 

RELATED POSTS

関連記事

まだまだある!先鋭的なワークスタイル

2018.11.20

新しい働き方は副業&複業だけじゃない! 国内や先進国で取り入れられている先鋭的な...

#シェアリングスタイル

シェアオフィス co-lob デザイナー 木村彩人さん

「自分らしく自由に働くひと」Part.04

2018.10.12

現在、国内のフリーランス人口は1000万人を超えたと言われている。 職種はさまざ...

#インタビュー #自分らしく自由に働くひと

スウェーデンが有するシェアの精神

2018.10.6

世界幸福度ランキングで常に上位に入るスウェーデン。 その理由を探ってみると、誰か...

#エッセイ

オーガニックネイリスト 為延美樹さん

「自分らしく自由に働くひと」Part.03

2018.9.25

現在、国内のフリーランス人口は1000万人を超えたと言われている。 職種はさまざ...

#インタビュー #自分らしく自由に働くひと

SNSにみるシェアの心理

2018.9.15

現代のトレンドを徹底分析! 取材・構成・文=藤谷良介 / 写真=内田トシヤス /...

#インタビュー

フォトグラファー  日高奈々子さん

「自分らしく自由に働くひと」Part.02

2018.8.23

現在、国内のフリーランス人口は1000万人を超えたと言われている。 職種はさまざ...

#インタビュー #自分らしく自由に働くひと

GrandStoryからはじまるストーリー vol.2

2018.8.20

シェアオフィス、シェアサロン、リノベーション賃貸など 自由な働き方や暮らしを応援...

#BEAUTY #GrandStory_BeautySalon #エッセイ

GrandStory 代々木上原 360°カメラ

GrandStory 代々木上原「360° camera」

2018.8.9

Daichi Miura氏がプロデュースしたリノベーション物件「GrandSto...

#DaichMiura #RESIDENCE

PageTopへ